So-net無料ブログ作成

糖質制限

543-1.jpg

543-2.jpg

543-3.jpg

543-4.jpg
nice!(2)  コメント(12) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 12

コメントの受付は締め切りました
多治見

aizawa 先生

当方自身がメタボで、糖質ダイエットをやってみました。
玄米食で、炭水化物だけを減らしたところ、10%ダイエットに、3ヶ月で成功。
今も、あまりムリしない程度で、炭水化物を控えています。
減りはしませんが、増えてもいません。約6ヶ月現状維持。
先生の言われるとおり、食後の過血糖は、糖質制限の方が理にかなっていると思います。あと吸収を遅らせるための、食物繊維。それも水溶性。
でも、犬猫は解りません。
by 多治見 (2013-03-27 19:52) 

どくたけ

糖質制限に関してネガティブな意見がたくさん出る理由の一つには、糖尿病学会が糖質制限を認めてしまうと飯が食えなくなるからでしょうねw。

糖質摂取 → 血糖値上昇 → インスリン分泌 → 血糖値下降
→ 余剰ブドウ糖が中性脂肪に変換 → 中性脂肪蓄積

の流れを逆手に取ったのが糖質制限ダイエットって奴ですね。
私自身は6ヶ月で14kg減量し、学生の頃の体重にあと2〜3kg。

京都高雄病院の江部先生によれば、1日のなかで、血糖値の乱高下(グルコーススパイク)が頻回なほど代謝が悪くなるそうです。

アレルギー体質のイヌに応用したところ、2頭で良好な結果が出ています。(たかが2頭なんで、データにもなりませんが、されど2頭です。)

ドライフードをどれだけ少なめにしても痩せない・・・と悩んでいる飼い主さんに、缶詰にすることを勧めると、見事に体重が減りますよ。
ドライフードは原材料表示を見てわかる通り、糖質の塊ですからね。
しかし、缶詰ばかりにするとお金が続かないというのも悩みの種ですw。

アミラーゼ活性値がヒトのそれよりずっと高いのも、糖質による負担が関与しているのではないかと考えています。
特にネコにおいては、肉食獣に糖質という大変不自然な食餌(ドライ)だと思ってます。

長文、失礼致しました。
by どくたけ (2013-03-28 10:12) 

aizawa

 多治見先生。
 きっちりと糖質制限をすると、怖いくらいに体重が減りますよね。
 逆に、お肉をお腹いっぱい食べても太れなかったり...。

 アルコール摂取時だと血糖値が上がりにくいので(実験してみると、確かに上がりにくかった)、お酒飲んだ時は制限解除してます。これが、体にいいかどうか分かりませんけど...。

by aizawa (2013-03-28 13:10) 

aizawa

 どくたけ先生。
 古狸の頭は固いということですね。(笑

 江部先生の本で、糖質が中性脂肪に変わるというのを読んだ時、まさしく目からウロコでした。
 脂肪の取り過ぎで太るなんて言われてますけど、たとえば焼き肉を食べると、一緒にご飯も食べるわけですから、結局その糖質で太ってたわけですね。

 以前の絵日記のときに書いてたんですけど、わたしは手術をするとそのあとストレスからか血糖値が下がりにくいことに気付いたので、色々と自分のからだで試してみたのですが、ほんとに「粉もの」は、一気に血糖値が上がります。まさしくグルコーススパイク!!
 血糖値を上げるホルモンはいくつかあるのに、下げるのはインシュリンだけなわけですから、糖質の取り過ぎがどれだけ体に合っていないか理解出来るような気がします。
 動物だって、糖質の多いフードを食べれば血糖値の反応は同じでしょうね。

 イヌにしてもネコにしても、肥満の子に減量のための低カロリーの療法食を使ってもほんとに痩せてくれないことが多いです。
 太ったその状態を維持するので精一杯。
 特に糖尿病の場合だと、療法食を使っててもどれだけ効果が出てるのやら...。
 先生のお話を参考に、フードの考え方をかえてみようかと思います。
 長文、ありがとうございます。

by aizawa (2013-03-28 13:14) 

気まぐれ獣医さん

自分自身も数年前に減量に励んだ時には、糖質減に勤めました。
手始めに、ビールのお供に常に食べてたポテトチップス含めスナック菓子を完全にやめました。
すると、一か月で6kg減!!
いろいろ意見はあるようですが、おそるべし糖質OFFダイエットですよ。
動脈硬化指数(っていうだっけ?)も下がったし、尿酸値、悪玉コレステロールも下がりました~。
でもいまは、ちょいリバウンドで~す。
by 気まぐれ獣医さん (2013-03-29 00:27) 

aizawa

 気まぐれ獣医の先生
 真剣にやろうとすると、糖質制限って結構きつかったりしますよね。
 食生活のあらゆるところが糖質だらけです。
 でも、がんばった分だけ、確実に減りそうな気がします。
 わたしの場合、普段の食事でほとんど糖質をとらないようにしているので、お酒を飲むときがそのリバウンド状態です。
 これじゃ健康に良いのやら悪いのやら...。

by aizawa (2013-03-29 11:29) 

どくたけ

ひょんなことからブログ上で江部先生と会話する機会を得たのですが、江部先生がお飼いの柴犬、アトピー性皮膚炎で大変だったらしいんですけど、糖質制限の餌にしたら症状が10→1〜2に減ったとおっしゃっておられます。
by どくたけ (2013-04-16 10:01) 

aizawa

 どくたけ先生。
 おほ、それは興味深いですね。
 でも、ご自分で食餌を作られてるのかな。
 うちのワンコもアレルギー持ちなので試してみたい気もしますけど、毎回食餌を自分で作るとなると大変ですよね。 
 きっちりと糖質制限したフードを、どこかのメーカーが作ってくれないかなぁ...。
 ずいぶんと前に輸入されてたフリーズドライのお肉のフード(ヒトが間違って食べないように炭がはいってたらしい)が、イヌのアレルギーに効果があったなんてことを聞いたことがあります。
 狂牛病の影響で入らなくなったようですけど。
 こんなのがあれば、今ならいろいろ使い道がありそう...。

by aizawa (2013-04-16 14:35) 

aizawa

 ここ、知恵袋とかでリンクされてるみたいですね。
 まぁ、それはいいんだけど...。
 でもさ、糖尿病になっても糖質制限すれば大丈夫・・・なんて、単純に考えちゃう飼い主さんが出てくるといけないから誤解しないでね。
 糖尿病の子の糖質制限は、膵臓をちょっと休めたりとかインシュリンの量をちょっと減らすことが出来るって程度に考えないとね。糖質制限だけでインシュリンから離脱出来たらラッキーってな感じで。
 だって糖質を摂らなくっても血糖値は上がるわけだから。
 そんな状態でインシュリンがまったくなければ、高血糖の問題だけでなく、エネルギーへの変換すら出来なくなっちゃう。
 それをほっとくと、そのうちこんなんなるよ(5月20日『すっからかん』参照)。
 糖質制限は確かに急激な血糖の上昇を抑える効果は十分にあるので、糖尿病には必要なものだと思うけど、それで糖尿病のすべてをカバー出来るわけじゃないからね。
 場合によっては、ネコとか、インシュリンをきちんと使うことによって離脱が可能だったりするわけだから...。

by aizawa (2013-08-07 18:09) 

よーきち

はじめまして。
やけどの治療で夏井先生のところにお世話になり、「糖質制限」に出会いました。
現在、糖質制限10ヶ月目です。もともと太っていませんが、体重が3キロほど落ち、中性脂肪の数字も下がりました。

さて、ご相談させていただきたいことがあります。
うちのワンコ、ヨークシャーテリア3歳です。
2ヶ月ほど前に「尿道結石」で手術をしました。術後は結石になりにくいご飯ということで、ロイヤルカナンの「低分子プロテインphコントロール」にしてくださいと言われ、それに変えました。
今のところなのも問題はないですが、このままこのでいいのか?
できれば糖質オフのご飯にしてあげたいけれど何を偉だらいいのかわかりません。
どうかアドバイス、よろしくお願いいたします。
by よーきち (2014-01-31 12:41) 

aizawa

 よーきちさま。
 糖質制限をしなくてはいけないような切羽詰まった理由があるのであれば別ですが、そうでなければ、通常は結石の予防を優先に考えた方がいいような気がしますよ。
 心配なことがあれば、一番ワンちゃんのことが分かっている主治医の先生に聞かれるのがいいと思います。
 その為の主治医ですからね。

by aizawa (2014-02-03 13:41) 

NO NAME

aizawa先生

お返事、ありがとうございます。

ちょっと神経質になっていたみたいです、私。

今のところ問題がないので、このまま続けてみます。
by NO NAME (2014-02-05 05:55)